top of page
検索

【更新中】2024年の業務記録




*花束書房と同ジャンルの仕事をまとめています(随時更新)。



★『信濃毎日新聞』書評

書評委員を務めています。WEBで会員登録(無料)すると月5本まで記事が読めます。


★『ふぇみん』1面インタビュー

・2月5日号に山川菊栄記念会の山田(樋浦)敬子さんのインタビュー記事が掲載されました。


★『群像』(講談社)連載「ふたり暮らしの〈女性〉史」

6月号(5月7日発売)に第6回(最終回)が掲載されています。

2月号(1月7日発売)に第5回(五代藍子と徳本うめ)が掲載されました。



・「ひと粒の種子から 自分だけのやり方で抵抗する―津田梅子と山川菊栄」を寄稿しました。津田梅子の教え子として、山川菊栄を中心に、神近市子、昨年逝去した赤松良子さん、田嶋陽子さんについて書いています。とても充実した特集で、読み応えがありました。


★MoMoBOOKS さん(大阪)にて小川たまかさん、松尾亜紀子さん(エトセトラブックス)とトークイベント

・1月に、『エトセトラ』VOL.11で編集長を務める小川たまかさん、松尾亜紀子さんと『エトセトラ』を軸にしたトークイベントを行いました。書店のMoMOBOOKSさんは、長屋風の建物、普段はアトリエとしても使われている倉庫など、とてもいい雰囲気。小川さんとは以外にも初顔合わせでしたが、大変楽しかったです。関西の友人たちが集まってくれて、いつもながらパワーをもらいました!


・特集「カノジョたちの才能」(女性美容師応援企画)にて、インタビューをしていただきました。「フェミニズムの現在地と美容業界に潜むジェンダー課題」というタイトルで、フェミニストになったきっかけやこれまでの仕事をもとにお話ししました。



★その他

・朝鮮女性独立運動家たち14人を描いた翻訳書籍を、宋連玉さん、金美恵さんと鋭意、制作中です。複数のフェミニストを紹介する書籍は、この数年翻訳書を中心にずいぶんと増えましたが、なかでも飛び抜けた読みごたえになると自負しています。ひとりづつのボリュームもさることながら、内容の濃さ、作者(画家のユン・ソンナム&作家のキム・イギョン)と翻訳者の熱意に圧倒されるはず。 



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鬼の話

Comentarios


bottom of page